↑インスタを見る。
(ブログよりリアルタイムで更新しています。)

ブログ

カリラ苦難の時。

2019/11/21

ななめ猫たち。

白黒半長毛のカリラ。

カリラ「う、う、、う涙」

口内炎持ちのカリラ。

症状が善くなるまでは、とあまり接触せず最低限のお世話だけ。
猫ベッドに籠るカリラをずっと観察してきました。
(カリラは結構シャーシャーっ子で、エフにも影響を与えていました。)
ここ最近、口内炎で痛がる事がなくなり(違和感はまだあり)、ステロイドの投薬を止めて数週間が経ちます。

そろそろ、少~しずつ前に進めていきたいな、と。
3段ケージの3段目のみを使い、結構自由気ままに、狭さを満喫してる感があったのですが、
3段全て解放⇒⇒3段目を閉じて1,2段のみにする⇒⇒猫ベッド撤去⇒⇒皆と一緒におやつタイムしたり放牧準備・・・をゆっくり時間をかけながら。と計画。

まずは3段全て解放したのですが

リル「何とかちゃん、ごはんいらないなら食べてあげるニャ♪」
カリラ「・・・。」

(写真では2段目に猫ベッド、1段目にトイレを設置。)
猫ベッドやトイレの位置、ごはんの位置を変えたりもしましたが、3段目にずっといて。

悪リル「今すぐお皿キレイにしてあげるからね~♪」

ごはんもすぐには食べないので、悪リルがやってきてガッシャーーーン。。

3段目にず~っといて、トイレを1日我慢したりと心配な状態が続いたので、強制的に3段目を閉じて1,2段生活にしてもらいました。
猫ベッドも、籠ると周りが全然見えず籠りっぱなしになるので、断腸の思いで撤去。
そして1枚目の写真に戻ります。

カリラ「アタシが何をしたっつんニャ~~涙」

(悪リルにお皿をガッシャーーンされました。)

ジャック「おかわりあるニャ♪」
悪リル「良い仕事したニャろ!」

際立つ体格差w

宮前平では、ジャックにひっついて行動していたというカリラ。
久々の対面です。

カリラ「兄ちゃん、すごい元気そうニャね。。。太った?」

とても可哀想な感じだったのですが、計画を一気に進めました。

この後この場を離れて様子を見ていたら、手を入れてガっつく悪リルと一緒に、カリラもポリポリ食べていました。
カリラにとってはしばらく大変な状態が続きますが、他の子と触れ合いながら人がいる空間に慣れてもらい、また自由気ままになって欲しいです。