↑インスタを見る。
(ブログよりリアルタイムで更新しています。)

シェリーの1日と、4週間前のシェリー。

2018/12/22
シェリー「おまいが売った喧嘩、買ってやるニャ。」

下から突かれるので「うーうー」言って応戦するのですが、ここは「ちむ」のケージ上。という。

シェリー「何ニャ!?」

とりあえず並んでみたけど、「?」なシェリー。
みんなビックリ顔。

「進まないのかニャ。。」
「前行かないニャ?」

この数時間後、お見合いを里親希望者様のお家で行いました。

シェリー「(ひぃ~~怖)」

ケージなしでもいけるかな、と小ケージで出向いたのですが、やはり慎重にトライアルした方が良いと判断。
シェルターに戻り、ケージを車に積んで舞い戻り、ケージにイン。

「逃げられないニャ。」

いつものケージだから安心して新生活送ってね。

昨日募集をかけ、その数時間後に1件問合せがあり、その方にシェリーをお願いすることにしました。
猛スピードで良縁がやってくることもあり、そんな時は、猛スピードで逃げていかないように必死。

そして、色々お話をした結果、兄妹の中から更に1匹迎えて頂けることになりました。
大磯で保護している黒白女の子「サリー」と、キジトラ男の子「まるお」のうち、「まるお」をお願いさせて頂きました。
少しビビりで、体格も大きいので長期戦になるんじゃないか、と。
まるおにとっても、シェリーは頼りになってすんなり新生活に馴染んでくれるんじゃないでしょうか。

まるお。

名前が「シェリー」と「まるお」笑

保護してくれたSさんも喜んでおります。
『夕闇の河川敷で、草陰に隠れて恐々とこちらを見つめていたシェリー達が。。
まだ4週間前なんて奇跡のよう!』と。
Sさん、ホームレスの方々、多摩川河川敷に棄てられる子達をいつも気にかけてくださって感謝です。
有名な方や大きな団体でも、多摩川河川敷の遺棄猫は手を出しては引いていくのです。
大変すぎて。

まずはトライアル。
無事に正式譲渡になりますように。
K様、どうぞよろしくお願いします!!!